絶対音感無くても大丈夫!社会人で音楽デビュー

社会人で音楽を始める

王道はピアノとギター

音楽を始めたいと思った時に、思い浮かぶのは、楽器の演奏かもしれません。
では初めてに向いている楽器は、何でしょうか。

初めて楽器の王道は、ピアノとギターのようです。
ピアノとギターは、音楽の主要な構成要素である、メロディーとハーモニー、そしてリズムを、全て表現することが出来ます。
音楽を自らの演奏で体感しやすい、とも言えるのではないでしょうか。

またピアノやギターはメジャーな楽器の為、レッスンを受けようとするにも教室はたくさんあるし、教則本にも不自由しません。
初めての環境作りにも、適した楽器と言えそうです。

そしてピアノかギターが使えれば、作曲をすることも出来ます。
プロのミュージシャンでも、作曲はピアノ派とギター派に分かれるようです。





ちょっと高めの楽器を買う

いきなりピアノを購入するのは、ちょっと勇気が要りそうですね。
この場合は、キーボードから始めるのが良いでしょうか。

基本的なアコースティックギターも、ピンからキリまでありそうです。

初めての楽器選びは、どうすれば良いでしょうか。
手に取りやすいからとか、段々とレベルアップしていけばいいから、などと考えて安価な楽器にするのは、あまりおすすめではないようです。

もちろんそれぞれ予算もあるかとは思いますが、安価な楽器は、やはりあまり良い音が出ません。
自分が少し上達しても、良い音が出ない楽器では、実感が湧きづらくなってしまいます。
そうなるとモチベーションも上がりません。
初めての楽器でも、多少値の張るような、良い音の出るもののほうが良いでしょう。