絶対音感無くても大丈夫!社会人で音楽デビュー

初心者が始める方法

スクールの選び方

例えばバイオリンは、独学で始めて弦の押さえ方など、一度変な癖が付いてしまうと、後で直すのが大変なのだそうです。

独学でないとなると、個人レッスンや、スクールに通うということになります。
自分に合ったスクール選びは、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。

まずは講師や、レッスン内容が、自分の希望する方向性に合っているかどうかです。
カラオケ上達を大きく掲げているスクールもあれば、プロのミュージシャンを輩出しているようなスクールもあります。
また同じような内容でも、自分とのフィーリング、相性もあると思います。

さらに、レッスン代も大事な検討要件です。
レッスン代に、空いている練習室の使用権オプションが付いているところもあります。
入学と同時に、楽器をプレゼントしてくれるスクールもあるそうです。

方法とその先に

社会人になってから音楽を始めるのに、どんな環境を整え、どんな内容を学んでいくのかを、調べてみました。
調べる前の先入観では、芸術の中でも音楽は、子供の頃に始めないと無理ではないかと思い込んでいました。
絶対音感でも、そう言われているようですし。
でもそれは、それほどまで完全ではないと、今回あらためて思いました。

音楽を始めることは、時にストレス解消にもなり、時に仕事の張り感にも繋がります。

音楽で知り合った仲間の存在は、自身の人生をさらに豊かにしてくれることでしょう。
バンドを組んだり、セッションしたりする仲間を見つける方法は、音楽スタジオの壁に貼ってあるチラシが、意外と有効なようです。

まず一歩を踏み出す、参考になれましたら幸いです。